スキンケアのお勉強ブログ
TOP PAGE > 誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力

誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力

誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力次第で変えることができるでしょう。
肌はただ年齢によって老化するためはありません。


紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。シワの原因をシャットアウトするのが大事です。

具体的には日焼けどめを塗った上、日傘や帽子などのアイテムを使って紫外線に当たる時間を極力減らすことが大事です。



もしやむを得ず日焼けしてしまったときでも、必ず火照りがなくなるまで冷やし、クリームや低刺激性の化粧水で充分なうるおいを与え、シワの元になる乾燥を予防しましょう。シミの発生も抑えるので結果的に肌の劣化スピードを遅くし、いきいきとした素肌でいられるようになります。ここ最近大注目の一日一食健康法ですが、どういった若返り効果があるのか気になる人も少なくはないはずです。

オナカがすいた状態になるとホルモンが分泌される量が増えると言われており、それに起因する若返り効果があるとされています。

例えばホルモンが増加すると、シワやたるみを防ぐことができるなどです。美しい肌創りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですよね。
代表的な特徴がその「抗酸化作用(活性酸素によって体が酸化してしまうのを防ぐ働きをいいます)」です。

活性酸素を抑制し、シミ防止にもなりますし、気持ちをブルーにさせていたシミを消していってくれます。
効果としては文句なしのポリフェノール。それ自体は素晴らしいのですが、効果を発揮できる時間は3、4時間と短いのも事実です。なので、美肌創りのために常に意識しながら生活するといいですよね。


このところ、肌の衰えが目立ってきたかもしれない、沿う感じる方にはスキンケアで肌の若返りを体験しましょう。
最も効果的なのは保湿成分のたっぷり含まれた化粧水で肌がしっとしするまで潤いを与えることです。渇きはシワや原因になりハリがなくなりますので、最近注目のヒアルロン酸が配合された化粧水で、潤いを取り戻す事が必須です。
少し前にガングロが流行りましたが、最近になって再び、流行の兆しを見せています。一つのスタイルとして落ち着き初めたとも言えますが、お肌のシミが心配ですよね。大丈夫という人もいるはずですよねが、やはりガングロ卒業後にはケアしていた人よりも多くのシミが現れている傾向にあります。
乾燥肌ですので、肌の手入れにはオイル配合のものを使うことにしています。

オイルを使用してマッサージをしたり、オイルパックを行ったり、さらに、クリームのかわりにオイルを使用することで、乾燥しにくい肌になりました。常にツルツルとした肌になれてとても嬉しく感じます。


エイジングケアではコラーゲンを摂る事がとても大切だと考えます。
コラーゲンは皮膚のハリやツヤを生み出してくれます。未成年の時のようなプリプリの人肌にするには、コラーゲンが不可欠です。実際、ふんだんに含有している食べ物やサプリメントで重点するのが実用的なようです。

敏感肌の人にしてみれば、乳液の材料は気になるものです。刺激が激しいのは免れた方がよろしいですよね。やっとこさ使用しても、さらに肌が枯れてしまっては不快です。敏感な肌むけの乳液もありますので、それを使うとよろしいかもしれません。実際、敏感肌の類も人によりなので、自分に合った乳液を捜しもとめるのが大切だと思います。素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。私は40歳より少し前だと思います。

色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、あなたがたなぜかわかっているはずです。
夜あそびしていないのに疲労を翌日に引っ張って、目の下に大クマが出立て口周りの下がりが目立ってくるころだと思うのです。
それより前は、ちょっとぐらい肌がくすんだりクマが出来たりしても、リフレッシュをかねた潤いケアをすれば、しゃきっと元気になりました。
しかしアラフォーは回復しないのです。良くなってもすぐ元の状態に戻ってしまうことが増えました。

確実に肌年齢が進んでいるのを感じます。肌が赤くなりますと、シミの原因となってしまう事があります。
日常においては、よく聞くのに日焼けがあります。



ぴりぴりして嫌なときだけではなく、痛まないときでも本当は軽い炎症が生じているのです。


スキンケアの基礎とは、日々の外出時の紫外線対策をさすのかもしれません。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 スキンケアのお勉強ブログ All rights reserved.